TOP 引き出物 結婚式の引き出物について

結婚式の引き出物について

何かと準備が必要な結婚式ですが、その中でも引き出物はゲストの関心も高く、両家からお渡しする記念品なので、料理と並んで力をいれたい部分となります。地域ごとの特色や両家で決まったものを贈る場合もありますが、幅広い年齢層のゲストに対応でき、贈り分けも容易なカタログギフトが近年定番アイテムとなっています。

かさばらず持ち帰りの負担も減らせて、後日ゆっくり好きな物を選んでもらえるので、ゲストにとってもメリットがあります。また、上司や親族など多くのお祝いを頂いた方には、結婚式後に内祝いも添えると良いでしょう。ただし、頂いた物を超えるお返しは却ってに失礼にあたりますので注意が必要です。

慶弔に欠かせない引き出物

お祝い事やお葬式等の慶弔時に欠かせないもののひとつが引き出物です。主催者の住む地域性や習慣、文化によって贈る品も変わってきます。結婚式ではよろこんぶの昆布、見通しが良い蓮根、長く続くように麺類といった、縁起を担いだ物が選ばれてきました。

親族や友人の付き合いから引き出物を選ぶこともあり、慶事では家族の提案を受け入れることも多いです。近年では、好きな物を選べるカタログギフトが主流となっています。また、食器などは重たく取り扱いにも気を使うということで、宅配サービスを利用して後日自宅へ届けるといった方法をとる方もいます。

選べる楽しさがあるカタログギフトの引き出物

引き出物は結婚式や法要時等に出席した方に対して配る品物のことを指しますが、最近では結婚式の時に使うのが一般的のようです。相場としては飲食費の三分の一が目安となっています。様々な年代の方に配る品物なので、何にするか悩んでしまうでしょう。

近年では、贈ったゲストが自分で好きな物を選べるカタログギフトが主流となっています。さまざまなカタログギフトがありますので、親族や友人など関係性ごとに贈り分けをしたり、男女別で違うものにしたりするのも良いでしょう。夫婦や家族で出席している場合はそれぞれ違った物を頼めるので、選ぶ楽しさがあります。

引き出物で定番のカタログを選ぶメリット

結婚式当日までに準備しなければいけないことがたくさんありますから、引き出物を選ぶ手間や幅広いゲストに対応できることを考え、カタログギフトを選ぶという方も多いです。

友人同士で結婚式をする時期がかぶってしまうこともよくあるので、贈るものも同じになってしまうと気まずくなってしまいますが、カタログギフトなら好きな物を選ぶことができ、そうした心配もありません。贈り分けもしやすく、受け取る側からは値段の違いがわかりにくいということで、品物を複数用意して不公平感が出てしまうよりも良いという意見もあります。重たくかさばる引き出物を持ち帰らずに済みますので、遠方から参列する方にも喜ばれます。

オリジナリティに富んだ引き出物

結婚式で準備すべきもののひとつに引き出物がありますが、近年では新郎新婦が自分達らしさを演出するため、オリジナリティー溢れる引き出物を用意することもあるようです。新郎新婦ゆかりの地の名物を用意したり、ゲストの名前を入れたアイテムを贈ったりと、新郎新婦の思いやセンスが反映されます。

年齢や性別に合わせて違ったアイテムを選ぶこともあり、お祝いに来てくれるゲストへのおもてなしの気持ちが光ります。贈るアイテムをもう決めてしまったという場合には、メッセージカードを添えてゲストに感謝を伝えるのも良いでしょう。手書きメッセージも良いですし、ゲストとの写真や似顔絵が描かれたカードにするのもおすすめです。

引き出物に関する記事

メニュー

結婚式場を探そう!HOME 引き出物 結婚式場京都 京都結婚式場 結婚式場 ウェディング ウエディング京都 結婚式引き出物