ウェディングではプリザーブドフラワー

ウエディングで使用したブーケやブートニアですが、二人にとっては特別な思いのあるものではないでしょうか。

最近では、ウエディングで使用したブーケやブートニアをプリザーブドフラワーにして、二人の愛の思い出として残すカップルも増えてきました。

プリザーブドフラワーはお手入れも簡単で、いつまでも思い出と共に花が咲き続けてくれるために、人気なのです。また、最近では、挙式の当日に二人の記念写真を撮らずに、前撮りをすることも珍しくありません。

結婚式の当日に撮影するとなると、披露宴などの合間に撮らなくてはいけないため、せっかくの思い出の写真に時間をかけることができません。

前撮りであれば限度はありますが、ゆっくりと写真撮影ができます。

当日と同じ花束を持って撮影するとなると、ブーケやブートニアを再度注文しなくてはなりません。
こういったお花代も意外と高くつくため、最近では、プリザーブドフラワーにして前撮りでも本番と同じブーケを使用する方が増えてきました。

思い出のブーケも枯れずに残りますから、いいのではないでしょうか。

ウエディングを特別な形で

結婚式の形に拘らない、自分たちに相応しい結婚式を考えているならウエディングをプロデュースするプランナーに相談してみると良いでしょう。二人以外に赤ちゃんも一緒に参加させたい、家族同様のペットを参加させたいなど、そのような要望にも応えてくれるといいます。

大きな結婚式から個性ある結婚式まで、お二人の要望に合わせてプロデュースしてくれるため、とても心強いサポートになります。その道の専門家は知識が豊富ですから、つい見落としがちなこともしっかりフォローしてくれますし、結婚式が終わるまで段取りよく進行してくれるものです。

ウエディング市場について

従来の形にとらわれることなく、挙式をおこなうことが可能になった結婚式ですが、昨今においては少しずつ市場が変化していることがあげられます。従来の国内挙式の件数は減少傾向であることがあげられていますが、海外挙式にいついては増加傾向にありここ数年で増加している点が挙げられます。

このような背景には「地味婚」や「ナシ婚」などの傾向があり、あまり派手な挙式をおこなわなくなったことがあげられます。多様化するウエディング事情において、戸惑う人も数多くいるかもしれませんが、一番大切なのは自分たちらしい挙式をおこなうことですので、そのことを念頭に挙式をしていくことが大切でしょう。

理想的なウエディング!

女性にとって、ウエディングは一生に一度の大切な事ですから、できる事なら理想的な式場で、仲間に囲まれながら、素敵なドレスを着て披露したいものです。人にとって、その憧れは様々でしょう。

海外で挙式をあげたいと理想を持つ方もいれば、小さな式場で、二人きりで気分を味わいたいと思う方もいたり、人それぞれです。その人にとっての後悔のない華やかで輝かしい瞬間を送る為に、楽しみながら計画を立てるのも良いでしょう。そういう過程も、二人にとっては大切な瞬間なのです。ずっと幸せである様に、気持ちの良い瞬間を作る為に、理想を現実にできたら最高です!

ウエディングに参加する場合

参加することになり、予定を組んでいる場合にはウエディングに関係のある情報も多く得ていなければなりません。情報を得ていなかったとか、間違っていることをしてはいけません。

当然ですが祝儀も持っていかなければなりませんし、祝儀に関する礼儀なども考えていくこととなります。これらの情報が間違っていて、不快な思いをさせてしまうのはよくありません。

ウエディングは大事なものですし、大事な1日になるのは間違いないことです。自分が壊してはいけないので、参加するなら常識をしっかり把握して、問題がないように認識しておくのが一番です。

ウエディングについての関連記事